肌の水分を保つために

水分が抜けると

クリーム

人間の体は、6〜7割が水分で構成されています。そのため体から水分が失われると、人間は生命を維持することができなくなります。そして肌も体の一部ですから、多くの水分によって構成されています。しかも肌は露出しているわけですから、外部からの影響を受けやすく、乾燥してしまいがちです。水分が失われることで、肌もやはり健康的な状態を維持できなくなります。すると、いわゆる乾燥肌になり、くすんだり、表面がはがれやすくなったり、炎症を起こしやすくなったりします。乾燥肌になると、見た目も手触りも悪くなりますし、さらに痛みや痒みも生じるようになるのです。そのため、美容液によって日頃から肌を保湿することが大事です。美容液には水分を保持する成分が配合されているので、それを肌に浸透させれば、肌は潤いを保ちやすくなるのです。

重ね塗りで効果がアップ

美容液は重ね塗りをすることで、さらに高い保湿効果を発揮するようになります。肌に塗ると、配合されている美容成分が浸透していきますが、乾燥肌の人の場合、それが蒸発してしまいやすいです。しかし重ね塗りをすることで、最初に浸透した美容成分が、一層奥へと押し込まれることになります。その分蒸発しにくくなり、高い保湿効果が出てくるようになるわけです。美容液の重ね塗りは、特に目元や口元に多くおこなわれています。なぜならこの部分の皮膚は、他の皮膚と比べると厚みが少ないため、水分も美容成分も抜けていきやすいからです。この部分のみ乾燥肌になってしまう場合も多いので、それを防ぐためにも、日頃から美容液を重ね塗りしておくことが大事です。