肌に優しいメイク落とし

負担のないメイク落とし

クリーム

肌のバリア機能が弱っている乾燥肌の方は、これをいかに低下させずにメイクを落とすかが重要になってきます。オイルタイプのクレンジング剤は確かにスルっとメイクを落としてくれますが、その分、合成界面活性剤が多く含まれていますから、皮脂などの潤い物質を根こそぎ奪ってしまいます。低下しているバリア機能に追い討ちをかけることになりますから、乾燥肌の方には適していません。より一層肌が乾燥しやすくなってしまって、肌トラブルを起こしやすくなりますから、オイルタイプは避けるのが無難です。適度な洗浄力を持っているミルクタイプやクリームタイプだと、必要な皮脂を肌に残してくれますから、潤いを守りながらクレンジングできます。

それぞれのタイプの特徴

ガッツリと濃いメイクをしていていも、つるんと簡単にクレンジングできるのが老いるタイプです。洗浄力が高く短時間でメイクを落とせる半面、肌への負担は大きいです。一番肌に優しく落とせるのがミルクタイプで、乾燥肌の方にぴったりのクレンジング剤です。水分を多く含んでいてマイルドな洗浄力だというのが特徴です。また、水分がすべりを良くしてくれますから、肌と手との摩擦を防ぐのに効果的です。ミルクタイプの次に低刺激なのがクリームタイプで、これも乾燥肌などの肌がデリケートな方向けです。水分と油分のバランスがちょうど良く洗浄力も穏やかな部類ですから、低刺激で優しいメイク落としができます。この二種類の中間に位置しているのが水クレンジングやジェルクレンジングで、メイクの濃さなどによって使い分けるのが良いでしょう。

豊富な種類の商品

化粧水

基礎化粧品を選ぶ際にいろいろな肌質があります。そして、年齢を重ねるとどうしても乾燥肌になりやすくなっています。なので、それぞれの肌質にあった商品を選んでみるといいでしょう。ランキングサイトなどで目的別に選ぶことができます。

詳細を確認する...

肌の水分を保つために

クリーム

肌から水分が失われると、乾燥肌になり、見た目や手触りが悪くなります。炎症を起こすこともあるので、日頃から水分を保つために、美容液を使用することが大事です。重ね塗りをすると、美容成分が奥へと浸透しやすくなり、効果的です。特に目元や口元は乾燥しやすいので、重ね塗りがおこなわれることが多いです。

詳細を確認する...